GSuiteのGmailと他メールサーバーを併用する方法

Googleが提供している「G Suite」は、GmailやGoogleドライブ、Googleドキュメントなどビジネスで利用できる便利なサービスが魅力的です。大容量で強力なスパム対策機能があるGmailを独自ドメインで利用できるという点は、これだけでも利用価値があるのではないでしょうか。
今回は、独自ドメインのGmailと他メールサーバーを併用しつつ、コストダウンする方法を紹介したいと思います。

2019年4月に料金改定を行い、現在は下記の料金形態となっています。

G Suiteプラン改定前 (1ユーザ)改定後 (1ユーザ)
Basic500円/月 (6,000円/年)680円/月 (8,160円/年)
Business1,200円/月 (14,400円/年)1,360円/月 (16,320円/年)
Enterprise3,000円/月 (36,000円/年)3,000円/月 (36,000円/年)

 

小規模事業者などで、数アカウントの利用でしたらそれほど問題は無いのですが、数百アカウント規模になってくるとコストが非常に高くなるため、メールを多用するユーザにはG Suiteを、それほど使わないユーザにはレンタルサーバの標準メール機能を利用してコストダウンを図りたいと思います。

使用する構成

・G Suite Basicアカウント 1つ
・エックスサーバー X10プラン 1台
・さくらのメールボックス 1台
・独自ドメイン(example.com) 1つ

G Suite サーバー
エックスサーバsvXXXX.xserver.jp / 111.111.111.111
さくらのメールボックスexample.sakura.ne.jp / 222.222.222.222

 

G Suite by Google Cloud
https://gsuite.google.co.jp/

まず最初にGSuiteの登録を行い、独自ドメインでGmailを利用できる環境を作成します。
独自ドメインの登録方法は他サイト等で紹介している記事が多数あるので、ここでは重要なポイントだけ紹介します。

 

MXレコードの編集
MX サーバーアドレス優先度
ASPMX.L.GOOGLE.COM.1
ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM.5
ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM.5
ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM.10
ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM.10

 

ゾーンファイルに上記のMXレコードを追加します。
この設定により、example.com宛に送信されたメールは全て、GSuiteで受け取る事になります。
次に、Gmailの設定変更をします。

 

Gmailの設定

GSuite 管理コンソール
[アプリ]→[G Suite]→[Gmail]→[詳細設定] を選択

  1. ホストの編集
    [ホスト]のタブを開き、[ルートを追加]を選択
  2. [全般設定]→[転送]→[転送]を編集

ポイントは、[影響を受けるアカウントの種類]で、[キャッチオール]が選択されている事。
この設定により、GSuiteに存在しないアカウント宛(メールアドレス)に送られてきたメールは、エックスサーバーに転送されるようになります。